GTKU

Get to know the universe

投げ銭

資本主義の流れ 争奪 交換 喜捨 先が思いやられる 人生観 死生観 世界観 自然観 宗教と文明 自然と文化 ミミズだってモグラだってヒアシンスだって皆生きてる 種はあっても格はなし 多様性は理に非ず 自然の恵み 自然な営み 思うようにはならない 生かされる 悟り 周りとの調和 自然の力 Die with zero 循環の輪の和 見えない糸 絆 感じる圧 命 思想の有無 無限の存在 庭に殺虫剤を巻く 隣国に戦略核を落とす 鯨が廃プラスチックで命を落とす カワセミの降り立つ水辺 戦争の起源 ヒト モノ コト 動物の性 植物の連鎖 有機生命体の一つ 私が吸収し排出する食物 水分 邪な情報 知識 自然の摂理に抗うな 己を知る為の消費 投資 浪費 奉仕 天命と使命に遵う 貯めるな使うな 回せ繋げ 与える貰う等価の法則

自動化 省力化 無償労働

有人改札より自動改札 バーミヤンより王将 人の働き 人の暮し 事業者と利用者の損得勘定 手間と時間 技術進化の先にある生活環境 カメラ監視下自動決済回転寿司 人との接触ない外食 家畜と人畜 牛豚 人は何の為に生まれてきたか 労働の歓び 自然放牧 動物と人間の社会 外部不経済 External diseconomy 私の時間を返して デジタル時代のギグワーカー 前近代の一人仕事 人間中心の科学信仰に善と正義の文字はない 安全 安心 快適な社会基盤とは 図書館 独居老人のウォームシェアリング 無償と有償 人の時間の使われ方 労働生産性とは何か 監視社会 日米中の違い 技術と道具 資本家と生活者 社会の在り様を形造る政治 防衛 子育て 社会保障 防災減災 貧困 脱炭素 教育 人間と社会の調和 折合い 生活圏と社会圏 寄らば大樹 幻の楽園 日本脱出して何処に身を置く 人口密度の高いタワーマンションが齎す将来 自然資本を喰い荒らし 人間資本を無駄遣いする 自立歩行 自律遊戯 自発奉仕する人間性回復 Time is so precious Enviroment matters

介護の社会化

保障の主体と客体 不完全な人 稚児 老人 人手 無償の愛 有償の助け 家事不介入 個人生活 家庭生活 医師 看護師 介護士 教師 平等な国民皆保険制度 受益と負担 担い手 受け手 自助と公助の境界線 公営 民営 働き手の動機 受け手の自由 人間観 人生観 国家観 多様性と一様性 人の意識構造 家庭の成立ち社会の仕組み 市場の働き 法の狙い 複雑な現実 正解ない課題 集権型統制か分権型監視か 権力の源泉 お金の流れ 自治体の多様性 報道機関の健全性 首長と記者 善人を育む土壌 自然の流れを活かす 自立した大人の動き 欲得を超えた人同士の関り 原点を識る 実践を伴う思想 子も親も社会が護るは幻想 人の網に巣食う寄生虫を天日干し 人類の知恵の活かし方 自ら身を置く場で 何を為すか 為さざるか 事業者と利用者の在り方を議論し理論化しても詮ない 力を分散する普遍法は言葉に非ず

ブラジルの平和主義

戦争に与しない ロシアを非難すれど制裁に加わらない 好戦国家 米国 ロシア 中国 自由で開かれた世界 信頼と信用 国家機関 国際機関 民間機関 欧米の二重基準 米国の例外主義 日本の平和主義 ミャンマー軍政との距離 被支配国と侵略国 国家と個人と社会 ヒト モノ カネの繫り ビルゲイツの志 日本社会を離れる若者 人の動機 無知 無責任 無関心 一人一人の世界 身の回りの環境 依存と従属 居場所の不公平 不平等 経済は社会の為に 社会は全人の為に 納税より奉仕 無為の善人 為さざる罪 人夫々の世界観 法と秩序は 力を伴う 互恵の絆を拡げる 企業組織に身を置き国境を跨ぎ 人権に奉仕する 人の集団 平和主義活動の実践 社会的使命 人類の生命と自由を擁護する

社会契約

米国人の権利と責任 中国と日本 ドイツと英国 フランスとロシア 普遍的人権と責任とは 社会の範囲 国家の信用 内と外 内政不干渉 金融とは何か 金の融通 損得勘定 安心と安全 政治の役割 繁栄と発展 経済の目的 国毎の社会契約 大衆の無意識 無自覚の総意 言語と通貨 潤滑油の金融は媚薬 国が抱える潜在性と危険性 社会と自然 科学と芸術 政治の統率力 官僚の透察力 政府と中央銀行 独立性 中立性 整合性 中銀総裁の目標 為替水準 金利動向 市場機能 調和と調整 日本国民が望む社会 日本社会が抱える課題 行方定まらぬ国 島国の英国と日本 EU離脱 日米地位協定見直し 米国とNATO 中国と台湾 地球運命共同体はない 危機の種類 天災 人災 戦争 七大国 社会契約価値の毀損 減衰著しいのは 価値源泉自覚し蘇生 回復 開発に務めるは 自覚 反省 前進力を有するは 他国はいざ知らず 自国日本に足りないもの 自己認識する見識 否定する勇気 まだ守れるぞ 時間はあるぞ 社会の保守 革新に取り掛かるには 先ず何に手を付ける 公教育現場の刷新 活性化 20年後の二人の総裁を産み出す 防衛 安全保障 民生 これからの人にこれからの事を任せる  

日本社会の今

生活必需産業の付加価値は金額より効用 教育 介護 医療 福祉の現場に従事する人の数 働く環境 外食 小売 交通の質量 完璧も最適もない 格差なき平等は幻想 地球の何処を探しても1億人が暮らす社会で日本に優る場所はないだろう 賃上げは物価に還る 嗜好分野 富裕層向け事業の内需拡大は格差助長を招く 輸入代替分野は限られ 省資源 循環社会実現による輸入削減が国民生活水準向上に繫る 外貨獲得産業の振興が理想だが テクノロジー分野で米中を凌駕すること難しく 地道な日本産品の販路拡大を図る他ない 公費が注がれる規制分野見直しによる職場 就業環境の改善が社会 経済政策の一丁目一番地 永田町 霞ヶ関の権力 利権にメスを入れる 現体制に巣食う構造の変化 言論 学術 報道機関の変容 Z世代への期待

生と死 命

意志の力 言葉の力 心と体 他人の命を慮る お金の力 体を動かす 心が動く 深層心理 表層脳裏 心身の調和 正常と異常 人間観 自然観 世界観 便益と費用 利益と損失 活用と犠牲 現代人に求められる教養 人を突き動かす内なる力 Inspiration Aspiration 霊感 熱望 人の学び 生存環境の違い 文化 思想 情報 Way of life Style of thought Flow of intelligence 自分の世界 世界の中の自分 人間界の構造と体制と力の相互作用 無力な個 個の専横 横暴 暴挙 誰の命を受け継ぎ 誰に繋ぐか 人の一生 人類の寿命 命の連鎖 命の種類 混ざる命 生存する命 淘汰される命 導師に恵まれ 先人を知り 経験に学ぶ Liberal arts 他人の痛みを知る 己の生き方 天命に従う 80億人の命の繋がり方 意志の現れ 今の地球 より善く生きる意味 価値 歓びを識る 幸福は糾える縄の如し 遺伝子の螺旋構造